New Products

オーブコムDrifting buoys(蓄電池式)

このブイは低軌道周回衛星(オーブコム)を利用するDrifting buoysとして開発した画期的なものです。

概 要
ブイに内蔵した送信機から自動発射された電波を低軌道小型周回衛星(オーブコム)で中継し、地上局を経由して日本全国どこででもブイの位置情報が受信できるシステムを実現します。
特 長
  • ・利用者による免許申請は要りません。(電話と同じ加入契約方式です。)
  • ・24時間ほぼリアルタイムに受信できます。
  • ・低軌道周回衛星を利用するため省電力化小型軽量化を実現しています。
  • ・内蔵アンテナは、オーブコム通信専用に開発した独自のアンテナを採用しています。(特許出願中)
  • 双方向通信が可能です。
  • ・球形ブイのため、多目的に対応できる形状です。

※本品は、オーブコムシステムを利用したアプリケーションとして国内で初めて開発しました。
オーブコム端末に標準装備のGPSを利用し、年月日、時刻、位置、電圧を任意の時刻に送受信するプログラムを開発、まずDrifting buoysのニーズに応えるべくべーシックモデルとして商品化したものです。

使用方法
ブイに面倒な設定は不要。スイッチをONにすればあとは投入するだけです。
設定された時間間隔でブイの位置、電源電圧が衛星〜地上局を経由して送信されてきます。
ブイデータはコントロールセンターを通じてお客様の指定アドレスの入ったパソコンにEメールの形式で配信されます。本商品には使用目的に応じたソフトウェア(別売)、受信装置(別売)が用意されております。
外形図
主な仕様
型式 ZTB−Rl
フロート径 約300mm
重量 約6kg
全浮力 約12kg
主要材質 標体 アルミニウム合金
フード 耐衝撃性樹脂
送信間隔 5分〜24時間
電源型式 鉛蓄電池
電池寿命 3日〜1.5ケ月(送信間隔と電源型式による)
GPS精度 80〜100m
用途
潮流観測、漂流調査、流出油追跡、拡散調査等
システム構成図