New Products

オーブコムDrifting buoys(太陽電池式)

従来の蓄電池仕様のDrifting buoysに太陽電池を装備、長期漂流観測用としてさらにパワーアップしました。

概 要
従来型の低軌道小型周回衛星(オーブコム)を利用したDrifting buoysの機能を維持しながら電源を太陽電池方式にすることで周年運用が可能となりました。
また、日本近海以遠の洋上におけるデータ通信も米国オーブコムの地球局を経由してご指定先に配信するサービスにも対応できるようになりました。
特 長
  • 特許取得済の内蔵小型アンテナ、双方向通信、免許申請不要などの特長は従来通り。
     構成部品もほとんど互換性があります。※1
  • ・電源を太陽電池化したため、長期間の運用が可能です。(2時間間隔以上で周年)
  • ・長期漂流に対応する補助フロートや専用のドローグが追加可能です。(オプション)
  • ・通信契約、データ配信の代行サービスも対応します。(手数料要)※2

※1:日本の地球局で受けられないエリアでの運用の場合、グローバルグラムモードの契約が必要です。
   但し、グローバルグラムモードの場合、衛星システムの違いにより、漂流中の通信間隔設定変更ができません。 ※2:あらかじめ運用期間が決まっている場合などは、データ通信料込みの購入が便利です。

使用方法
①ブイをご発注されたあと、納入するブイに内蔵されている通借端末のNoをお知らせします
②端末Noと任意のIDおよぴデータ配借先アドレスを記入してオーブコム社と契約していただきます。
③申し込み後、3〜4日で登録完了。この間お客様自身のブイヘの設定作業はありません。
④ブイ納品時は10分間隔に設定されています。別売の専用ソフトで間隔は漂流中でも変更できます。
主な仕様
型式 ZTB−R1S4
フロート径 約300mm
重量 約6kg
主要材質 標体 アルミニウム合金
フード 耐衝撃性樹脂
送信間隔 5分〜24時間(専用ソフトで11通り設定可能)
電源型式 太陽電池式(ソーラーパネル+鉛蓄電池)
電池寿命 温暖地域30分以上
一般地域1時間以上で通年使用が可能
寒冷地域2時間以上
通信アンテナ A/4ヘリカル送受借アンテナ(特許品)
GPS精度 80一−100m
データ配信 Eメール(テキスト形式)
オプション
用途
潮流観測、漂流調査、流出油追跡、拡散調査等
システム構成図