漂流ブイ
Drifting buoy

水塊と移動する魚群や卵稚仔類の追跡等、海流状況を把握するための『 漂流調査 』に用いるブイです。

グローバルスター衛星通信方式 沿岸沖合用 漂流ブイ
Globalstar Satellite communication Drifting Buoy

  • 極域を除くエリアをカバーする低軌道衛星、グローバルスター社の衛星通信を利用した漂流ブイです。
  • 他の衛星通信方式の漂流ブイと比較し安価であり、1年間の通信契約が本体価格に含まれています。
  • 60分毎の通信で約50日に相当する約1200回の通信が標準電池で可能なため、短期観測に最適です。

グローバルスター衛星通信方式漂流ブイの写真 グローバルスター衛星通信エリアの写真


イリジウム衛星通信方式 全地球用 漂流ブイ
Iridium Satellite communication Drifting Buoy

  • イリジウム衛星通信範囲は全地球をカバー、双方向通信により遠隔で送信間隔の設定変更が可能。
  • 鉛蓄電池式の場合、通信可能期間は3~4ヶ月(毎時送信設定の場合)になります。
  • 太陽電池式の場合、長期漂流用として周年運用(毎時送信設定の場合)が可能です。

小型観測ブイの写真 小型観測ブイの写真


DGPS高精度 漂流ブイ
DGPS Drifting Buoy

  • 高精度GPS受信機とデータロガーにより、1秒毎の測位データを連続8時間収集できます。
  • GPSと準天頂衛星みちびきを組合せ、1m以下の高精度位置情報をSDカードに記録します。
  • 沿岸の離巌流や循環流、湾内や河口域等、狭いエリアの精密な流況調査に利用されています。
  • オプションでブイの追跡~回収ができるよう、グローバルスター衛星通信端末などの取付け、
    またはイリジウム衛星通信方式 漂流ブイ(ZLB-R6)へ組込むことができます。

DGPS高精度漂流ブイの写真 DGPS高精度漂流ブイのシステム図


GPS波浪計小型ブイ
GPS Wave gauge Buoy

  • 直径800mm、重量35kgと小型軽量ながら単独測位GPSで高精度で波浪観測できる漂流ブイです。
  • 海洋波浪データ(波高、波向、波の周期等)を観測するために開発された、ブイ式波浪計です。
  • 従来の高価な超音波式、加速度式波浪計に匹敵する、波高10m、波向5°といった高精度を実現。
  • 波浪データは、LTE通信やイリジウム衛星通信により、受信側のパソコン等に送信されます。

小型観測ブイの写真 小型観測ブイの写真


CO2観測漂流ブイ
CO2 Observation Drifting Buoy

  • 平成20年6月、独立行政法人海洋研究開発機構JAMSTECに6基納入しました。
  • GPS受信機と衛星通信装置、JAMSTECのCO2観測技術を搭載することで製品化されました。

CO2漂流ブイの写真 CO2漂流ブイ観測図