観測ブイ

観測ブイの主な構成は、気象、海象、水質などを計測するセンシング機器通信装置を用いて観測データを監視局へ送る通信機器、観測ブイに搭載している機器類を自動運用させるための電源装置、そしてこれらを搭載して観測内容に適した動揺特性をもつ浮体(ブイ)海上の所定の場所に浮かべるための係留装置により構成されます。 
観測ブイの設置条件は、水域環境によって大きく変ります。ゼニライトブイでは水域環境における長年の経験から、最適な浮体設計、係留設計をご提案いたします。

【主な用途】

    海洋・気象観測
・天気・気候の予測・予報
・海流の調査
・台風の監視
養殖・漁場観測
・沿岸の漁場環境監視
・養殖場の環境監視
  
水質観測
・海洋の汚濁監視
・河川・湖沼の汚濁監視
   波浪観測
   ・建設の設計波浪評価
   ・船舶航行安全対策
    温排水観測
・温排水拡散状況の監視
・漁海況への影響調査
その他
・航行援助
・各種調査
  

観測の目的・用途に合わせ、設置海域に適した観測ブイシステムをご提案いたします。
お気軽に最寄りの営業所までお問合せください。
観測ブイシステム

漁場水温観測ブイ

水温センサーと小電力テレメータ装置を搭載した比較的簡易型で、養殖漁場の水温観測を行います。
汎用ブイを利用したもので、漁船での設置回収ができるようになっています。携帯電話により運用されています。

波浪観測ブイ

海上工事、作業などの実施・施工や海洋調査において、一定海域における波浪(波高・波向・周期)を単独測位GPSを搭載したブイによって観測します。短期計測用の小型から高波浪海域での定点観測用まで目的に応じたシステムを提案いたします。



  

温排水観測ブイ

特に電力関係の温排水を常時観測し、テレメータによって万全の監視、測定体制を作ります。
設置条件によりスパー型、円筒型などが採用されます。

海況自動観測ブイ

湾内の定点における気象、海象を常時観測し、長期間データを収集、分析します。各計測機器の保守が安全に行えるよう広い甲板を持つ円盤型が特長です。
スパー型は、湾内でも船舶の航行が多く、ブイの振れ回りや水域占有面積が制限される場合に適した観測ブイです。

  

油膜観測ブイ

海上に浮遊する油を検知し、無線テレメータによって海洋汚染を常時観測します。油検知装置には、レーザー式、電極式などが搭載されます。

水質観測ブイ

短期間で人力により設置・回収が容易に行える、小型軽量のブイです。
汎用型ブイをベースにしたもので、湾内の 比較的穏やかな海域に使用されます。

  

港湾内流況観測ブイ

港内の流向流速を定点観測するためのブイです。

海洋気象観測ブイ

外洋において気象、波浪等を長期間観測する高波浪タイプのブイです。一年分のリチウム電池が搭載されます。

  

ダム・貯水池・湖沼用観測ブイ

主にダム・貯水池・湖沼などに設置される観測設備で、対水位変動、対氷結、対酸性水など特殊な設置条件に合わせた設計を致します。



  

  

小型水温観測ブイ

高精度計測データ、電源電圧が携帯電話通信ネットワークを経由してお客様のEメールアドレスに送信されます。高波浪などで携帯電話通信環境が悪い時は、イリジウム衛星通信に自動的に切り替わり、常にリアルタイムでデータ閲覧できるシステムです。
→詳細ページへ

  

流向流速水温自動観測ブイシステム

流向・流速・水温を定点観測する目的で、小型ブイに計測器・パケット通信装置・大容量電源をワンセットにして提供する最新の小型観測ブイです。
→詳細ページへ

  

簡易水温モニタリングシステム

本商品は、既に設置使用されているブイやイカダ等に簡単に取付け可能で、取得したリアルタイムの水温データを携帯電話やパソコンで簡単に閲覧出来るシステムです。
→詳細ページへ

小型ブイ式波高計測装置

波浪研究などに使われている国内外の高価な波浪計に比べ操作が簡単ながら信頼性の高い、軽量で低コストな小型ブイ式波高計を実現しました。
(NETIS登録番号 : SKK-170002-A)

  • <特長>
  • ・超小型・省電力のMEMS加速度センサーによりブイの動揺を波高に変換
  • ・電源はアルカリ乾電池。電源ONするだけで動作開始
  • ・小型・軽量(20kg)のため人力で設置回収が可能
  • ・通信契約、通信費不要の特定小電力無線によるデータ通信
  • ・専用受信アンテナによりリアルタイムに計測データがパソコンで受信
  • ・記録したデータから専用ソフトでスペクトルなどの解析が可能